アメ車 中古

クライスラー300Cを冬道で乗るなら、しっかりとした対策が必要!

クライスラー300雪道

 

アメリカの高級車クライスラー 300cですが、冬道を走るにはちょっと厳しいと思います。

 

まず車体の重さ2t、排気量3000・5000・6000CCクラスがあって
2WDのFRになります。この重さにパワー更に2WDのFRだと条件は最悪と言っていいでしょう。

 

雪道を走ったことがある方ならどうなってしまうのか想像は付くと思います。

 

 

しかし、苦労してでもなんとか乗りたいと思うのなら乗れないことは無いでしょう。

 

ヘルパーやチェーン、トランクに重い物を載せる(20s以上)けん引ロープなど、
いつどこで埋まっても大丈夫な対策はしとくべきです。

 

何故なら雪が少し積っている所での停止や坂道での停止は
もちろん何でもない雪も積ってない平地でも埋まって動かなくなってしまいます。

 

 

更にパワーがあることが邪魔をして軽くアクセルを踏んだ、
だけでもタイヤが回り過ぎ進んで行かないでしょう。

 

だから十分な対策は必要になります。
けれどこれだけの対策をしても完璧とは言えませんね。

 

私としてはこれらの対策よりも重要なのは
JAFの会員に入ることだと思います。

 

会員に入っておけば何処で何回埋まっても無料で助けに来てくれます。

 

もし会員に入っていなければ、一度埋まる度に数万円の費用がかかってしまうので、
クライスラー 300cだけではなく雪道を走る全ての車におすすめしたいと思います。

 

JAFの会員費は年間で入会金が2000円年会費が4000円で入れるので、
いちいちレッカーを呼んで引っ張ってもらうよりもかなりお得だと言うことです。

 

雪道は4WDでも埋まってしまうので、それ程にFRのリスクは大きいということです。

 

更に雪道を走る人は無理に冬をクライスラー300cなどの高級車には乗らず、
違う4WDの車をもう一台所有している人も多いようです。

 

クライスラー300Cに拘らないのであれば、
クライスラーの中でも4WDのシリーズは存在します。

 

しかし、どうしてもクライスラー300Cに乗りたいのであれば、
先ほどの対策をしっかりして、乗るには問題ないと思います。

 

中古アメ車を安く探すならコチラ